自己点検・評価活動への取組み

自己点検・評価とは

自己点検・評価は、大学が、教育研究水準の向上や活性化に努めるとともに、その社会的責任を果たしていくため、その理念・目標に照らして自らの教育研究活動等の状況について自己点検し、現状を正確に把握・認識した上で、その結果を踏まえ、優れている点や改善を要する点など自己評価を行うことです。

大学が自ら掲げる目標に向けて教育研究活動を行う中で、定期的な自己点検・評価の取組を踏まえた自主的・自律的な質保証への取組(内部質保証)が求められています。

学校教育法(参考)

第百九条 大学は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該大学の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備(次項において「教育研究等」という。)の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するものとする。

自己点検・評価活動を行う体制

本学では、東京聖栄大学学則第2条第2項に基づき、本学の教育・研究及び運営等の評価を行うために「自己点検評価検討委員会規程」を制定し、自己点検・評価活動の実施体制を整備しています。

「東京聖栄大学 自己点検評価検討委員会」では、3ポリシー(ディプロマポリシーカリキュラムポリシーアドミッションポリシー)を起点とする教育の質保証、中長期的な計画を踏まえた大学全体の質保証を機能させていく体制(内部質保証)として、全学的な自己点検・評価活動に取り組んでいます。

自己点検評価検討委員会規程

自己点検・評価報告書

東京聖栄大学では、公益財団法人日本高等教育評価機構が示す「大学評価基準」に基づき、点検・評価を行い、結果を公表しています。