学部・学科のアドミッションポリシー

健康栄養学部のアドミッションポリシー(大学全体のアドミッションポリシー)

※本学は健康栄養学部1学部の為、学部のアドミッションポリシーを大学全体のアドミッションポリシーとみなしています。

東京聖栄大学健康栄養学部は「健康・栄養・食品に関する専門的知識と技術、技能を身につけ、地域社会や職業社会で活躍できる人材を育成する」を教育目標にしています。

教育目標を達成するために、本学に入学される学生の皆さんには次の各点を期待します。

  • 勤勉で意欲をもって学び続けることができる
  • 実習や実験などグループワークに積極的に取り組める
  • 将来の夢や目標を持ち、その実現に向けて日々の努力を惜しまない
  • 何事にも真剣に、全力で取り組みチャレンジ精神が旺盛である
  • 常に謙虚で向上心があり、失敗してもそこから学び反省して、次の行動に活かすことができる

管理栄養学科 アドミッションポリシー

管理栄養学科の目的および教育目標を達成するために、健康栄養学部のアドミッションポリシーに基づき、管理栄養学科のアドミッションポリシーを次のように定める。

  1. 管理栄養士として、社会に貢献しようという意欲の強い人
  2. より広く・より深く健康と栄養やヒトと食物のかかわりについて学ぶことを可能にする基本的知識を持っている人
  3. 人間の健康と栄養に強い興味をもち、学び続ける意欲にあふれた人
  4. 事実を素直に見つめ、事象を論理的に考えられる人
  5. 実験・実習を通して理論を検証するプロセスを大切にできる人
  6. 相手の言葉に耳を傾け、自らの考えを的確に表現して行動に移せる人

食品学科 アドミッションポリシー

本学科では、食品や栄養に関する深い知識と技術を持ち、食品産業界のフードサイエンス分野で活躍できる食品科学技術者や、食品の流通・消費・食文化・経営に関する知識も併せ持ちフードビジネス分野で活躍できる食の専門家の育成を目指している。そのため、入学者には次のような人材を求めている。

  1. 食品の生産から消費にいたる一連の分野に強い関心と学習意欲を有する人
  2. 食と健康のかかわりに深い関心を有する人
  3. 食の安全・安心に深い探究心を有する人
  4. 課題の追求や解決に必要な基礎的知識、論理的思考力、コミュニケーション能力、豊かな感受性を備えた人
  5. 実験・実習の技術・技能修得に主体的に取り組み、そのプロセスを理論的に学習できる人