研究室紹介

研究室・ゼミ紹介

食品流通学研究室:藤島ゼミ

上條 優衣さん

私が食品流通学研究室を選んだ理由は、食品を”商品”としての観点から学び、理解を深めたかったからです。食品流通学研究室の最大の特徴は、食品の”商品”自体について学べる事です。何の商品が売れているのか、なぜその商品は売れるのか、実際に現場へ赴き市場調査を行い販売や商品開発の仕組みについて理解していきます。活動としては、一人ひとりが興味を持った食品関連の出来事について各自で調べ、研究室で発表会を開いています。私の調べているテーマは、食品表示の法律改正の変更点とその理由で、卒業研究のテーマは、「コンビニで販売されている健康食品の利用者について」を予定しています。都内二つのコンビニエンスストアで健康食品について市場調査を行い、比較をしていきます。また大学内でコンビニエンスストアの利用についてアンケートを採り、傾向を見ます。食品流通学研究室は、食品について”商品”として消費者の手元に渡るまでを幅広く学べます。将来食品会社の商品開発や販売、営業の仕事に就きたい方はとても勉強になる研究室です。

上條 優衣さん
健康栄養学部食品学科フードビジネスコース2017年3月卒業
千葉県立柏中央高等学校 出身

微生物学研究室:丸井ゼミ

平成27年度 食品微生物検査技師 2級合格

私が微生物学研究室を選んだ理由は、2年次の初めに行った土壌中の微生物判定の実験が面白かったからです。それから微生物に対しての知識をより深めたくなり、卒業研究では微生物関連の内容をテーマにしたいと考えるようになりました。微生物学研究室は、研究室の隣りに実験室があり、先輩方が卒業研究に向けて実験をしている姿が常に目に入るため、先輩方と同様に、私も微生物に関する知識と実験に関する技術をより磨きたいと思いました。また、食品微生物検査技士の資格取得を目指すきっかけの一つにもなりました。卒業研究のテーマは「葉に含まれる抗菌物質の微生物に対する効果」を予定しています。今まで学んだ知識と技術を活かし、研究を進めていきたいです。微生物学研究室では、微生物そのものや微生物を利用する食品の実験、衛生学的な観点からの実験など、幅広く行う事が出来ます。実験が好きな方には、是非入ってほしい研究室です。

黒川 紗希さん
勤務先:滝沢ハム株式会社
健康栄養学部食品学科フードサイエンスコース2017年3月卒業
栃木県 宇都宮短期大学附属高等学校 出身