管理栄養学科 概要

管理栄養学科の目的

管理栄養学科は、管理栄養士養成課程であり、人の健康の保持・増進、疾病予防の基本であるとともに、生活の質(QOL)の向上を支える基盤となる栄養と健康に関する知識と技術、技能を身につけ、国民の健康づくり、保健・医療・福祉等の分野において即戦力となる管理栄養士の養成を目的とする。

(学則 第4条の2より)

社会に望まれる、より高度で、より実践的な管理栄養士を養成する学科です。

  「管理栄養学科」は、健康や食生活を考える専門的で実践的な学科。身体を上手にコントロールすることを習得したり、栄養指導で大切なカウンセリングを学ぶなど、実務を意識した実践的カリキュラムばかり。そして、管理栄養士の国家試験の全員合格をサポートし、実社会で即戦力になれる力を養います。

授業イメージ

授業イメージ

こんなことが学べます!

  管理栄養学科では、例えば保健・医療・福祉分野において、管理栄養士として必要とされる知識や技能を、臨地実習や臨床栄養学実習などを通して実践的に身につけることができます。

取得できる資格

  • 管理栄養士(国家試験受験資格)
  • 栄養士
  • 栄養教諭(一種)

活躍のフィールド

保健分野
国、地方自治体、保健所、市町村保健センター等
医療分野
病院、診療所、介護老人保健施設等
福祉分野
特別養護老人ホーム、保育所・心身障害児(者)等児童福祉施設等
教育分野
管理栄養士、栄養士、調理師等養成施設等
その他の分野
研究機関、食品会社、健康・スポーツ施設等

特色

実務を意識した実践的カリキュラム

授業イメージ  管理栄養学科では、栄養士法で定められた科目を踏まえてカリキュラムを組んでいます。そのため、卒業して社会に出ると同時に、即戦力として活躍できる知識や技術を身につけたいと考えている人に適した学科といえます。

国家試験にチャレンジ!全員合格をサポート。

  東京聖栄大学卒業時には、栄養士免許はもちろん、管理栄養士の国家試験受験資格も得られます。合格に向け、特に1、2年次では専門基礎教科の理解を深め、3、4年次では模擬試験や課外講座を多く実施するなどの充実したサポート体制を用意しています。

養成チャート

養成チャート

管理栄養士の中のリーダーを養成

  管理栄養学科では、高度な栄養教育・指導を行える専門的な知識と技術を身につけることを目的に、講義と実験・実習の融合を図った実学的なカリキュラムを用意しています。

  保健・医療・福祉といった職域において即戦力として活躍できる栄養の専門家を育成します。

  管理栄養士国家試験の合格をステップに幅広い視野を持ち、それぞれの職場の管理栄養士の中でもリーダーシップを発揮できる能力の習得を目指します。

授業イメージ栄養教育・指導実習で学生が
発表した献立についての講評

栄養教育の歴史と伝統を継承

  本学の前身である聖徳栄養短期大学時代から、充実した受験対策には定評があり、昭和62年の第1回の管理栄養士国家試験から、多くの管理栄養士国家試験合格者を輩出してきました。平成17年度より4年制大学となり、専門基礎力をベースに受験対策に取り組んだ学生たちが、国家試験に挑戦しています。

キャリアを生かした活躍の場が拡大中

  病院等の医療分野や老人福祉施設等の福祉分野、さらには学校、保健所給食センターやスポーツ栄養分野、給食会社等が管理栄養士(栄養士)の主な進路となります。また、“食のスペシャリスト”としての社会からの需要は高く最近は食品関連企業での研究・開発分野および営業・販売業務、レストラン・食堂の店舗運営などでも力を発揮するなど、活躍の場は大きく広がる傾向にあります。

栄養教育・指導

栄養教育・指導は地域や学校、職場などで行われている栄養教室や母子保健相談、栄養食生活相談等の中で活かされており、管理栄養士業務の根幹をなす大切な仕事です。食生活や食行動、ライフステージや環境、健康状態など指導対象者の様々な情報を把握し、的確なアドバイスをするためには、豊富な経験を必要とする業務です。

臨床栄養

病気の治療には患者の病態を正しく理解し、食生活などを改善した適切な食事療法や適正な栄養管理が重要です。医療現場での疾患治療に対する栄養サポートチーム(NST)の認識の高まりとチーム医療の一員としての管理栄養士の参加は、治療の促進のためにその必要性および活躍の場が広がっています。

解剖生理学・病理学

食べ物が身体に取り込まれた後、その栄養素が身体の構造や機能にどのような作用を及ぼすかを知り、健康の増進や病気からの回復のために役立つ食事の工夫や食生活改善の 指導をすることが管理栄養士の大きな職責です。そのために、人体の 構造や機能を学ぶ「解剖生理学」や病気の成り立ちや病気による臓器の変化を学ぶ「病理学」の教科は管理栄養士養成の必須教科となってい ます。

卒業生の声

宮崎 紋加さん
健康栄養学部管理栄養学科 2012年卒業
宮崎 紋加さん

(株)セブン&アイ・フードシステムズ
東京都
駒沢学園女子高等学校 出身

就職活動を始めるにあたり、具体的な職種・企業の選択に着手する前に私は、自分が”何がしたいのか””どう働いていたいか”などを考えました。その結果、在学中に学んだ知識や取得した資格だけでなく、大学生活で取り組んだ学友会活動・ボランティアでの経験も活かしたい、との希望が生まれました。具体的には老人福祉施設で、笑顔で働き笑顔になって頂く、そんなお仕事をしたい、と考えました。その上で委託給食会社・直営施設を視野に、企業研究・就職活動に取り組みました。面接では学生生活での多くの経験を踏まえ、偽ることのない自分の気持ちを、自分の言葉で伝えることができ、第一希望の企業から内定を頂くことができました。皆さんもできるだけ多くの経験をし、たくさんの引き出しを持ち、就職活動では胸を張って自分を伝えることができるよう、充実した学生生活を送ってください。

久我 大翔さん
健康栄養学部管理栄養学科 2011年卒業
久我 大翔さん

(医社)桜水会 筑波病院
茨城県立伊奈高等学校 出身

僕は高校生の時に、普段の食事や運動習慣を通して、栄養と人体について興味を持つようになりました。将来は食品や栄養の知識を身につけ、社会に貢献出来る仕事がしたいと考え、管理栄養士を志し東京聖栄大学に入学しました。管理栄養学科は、「栄養学」や「栄養指導論」など、講義で知識を身につけていくだけでなく、「食品加工学実験」や「給食管理実習」など、多角的に学べる内容なので、食と健康に興味がある人にはとても有意義に感じられる学科だと思います。また、小規模なクラス単位で授業を受けていくので学生と先生の距離が近いのも魅力です。授業の終わりには「分からないトコロがあれば後で来なさい」など、先生から言ってくださるので相談しやすくとても助かります。他にも、学生同士のつながりが強く、勉強会やお互いに問題を出し合ったりしてテスト対策をしているのも特徴的な部分です。将来は管理栄養士になるだけでなく、大学で学んだ知識を活かして食品メーカーも視野に入れていきたいです。東京聖栄大学には、学生の1人ひとりが管理栄養士試験合格に向け努力出来る環境があると思っています。

高柳 美登里さん
健康栄養学部管理栄養学科 2011年卒業
高柳 美登里さん

富士産業(株)
静岡県立浜松南高等学校
出身

私の母が栄養士であることから管理栄養士という職業に興味を持ち、東京聖栄大学に入学しました。大学で学ぶ内容は食べ物や栄養のことだけでなく、人体の構造や疾病の成り立ちなど様々です。私は、わからないことは常に先生へ質問したり、友人に教えてもらったりして解決しました。小規模な大学なので、先生や友人とより深い信頼関係を築けることも魅力です。また、実験・実習の時間も多くあり、講義で学んだことなど、より理解を深めることができます。例えば調理実習で学んだ基本的な技術や知識は、管理栄養士として必要なだけでなく、日常生活をおくる上でも非常に役立つと思います。今後は大学生活で学んだ知識や技術を活かし、自分の夢の実現に向かって頑張ります。

見合 佑希さん
健康栄養学部管理栄養学科 2010年卒業
見合 佑希さん

エームサービス(株)
千葉県
東海大学付属浦安高等学校 出身

就職活動を始めるにあたり、先ずやらなければならないことは、自分自身が将来どうなりたいのか、というビジョンを明確に描くことだと思います。私は、そこから逆算して、どのような会社が自分に向いているかを考え、丹念に企業研究を行ってから、就職活動を開始しました。企業研究を行った上で、本当に行きたいと思える会社が数社ありましたが、その中から、2社に絞って就職活動をしました。その思いが通じたのか、幸いにも2社ともに内定をいただくことができました。就職活動では、自分を偽らないことが一番大切だと思います。背伸びせずに、等身大の自分に自信を持って就職活動してくださいね。

古家 未希さん
健康栄養学部管理栄養学科 2009年卒業
古家 未希さん

医療法人社団恵風会 みのりの里 介護老人保健施設「旭ヶ丘」勤務
山梨県立都留高等学校 出身

介護老人保健施設で栄養ケア・マネジメント業務を行っています。ここでは、管理栄養士が私一人だけなので、最終判断は自分で下さなければなりません。勤務当初は、利用者の方々にしばしばご注意をいただくことも。その度に自信を持てなくなり、落ち込んだりしたこともありました。そんな時に、先輩職員の方から「施設利用者の方々にとっての楽しみは、食事と入浴。その楽しみを提供できるということは、とても素晴らしいことだね。」という言葉に励まされ、前向きに考えていけるようになりました。学生時代は先生方や友人達にたくさん相談することができます。卒業時に自分に自信を持って行動・発言できるよう知識や技術をきちんと身につけておくと良いと思います。

管理栄養学科ディプロマポリシー

>>管理栄養学科ディプロマポリシー