東京聖栄大学 教員 研究業績

氏名 膳法 浩史(ゼンポウ ヒロフミ) 性別 男性
所属 管理栄養学科 職位 講師
学位 筑波大学博士 (スポーツ医学) (甲第6265号)
博士論文

ACTN3 R577X遺伝子多型が中高齢女性のサルコペニアと筋力トレーニング効果に与える影響

論文の要旨/審査の要旨
※外部サイトへリンクします。
最終学歴 筑波大学大学院 博士後期課程人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻 修了
資格 高等学校教諭一種免許状:理科、農業
現在の研究テーマ サルコペニアの予防、改善およびメカニズムの解明
科学研究費助成事業「審査区分表」における研究分野の区分
小区分コード 小区分名
59020 スポーツ科学関連
59040 栄養学および健康科学関連
45010 遺伝学関連
48040 医化学関連
職歴
年月事項
平成22年4月〜平成22年10月 茨城県結城看護専門学校 非常勤講師(生理学)
平成23年4月〜平成24年6月 東京大学付属病院 22世紀医療センター 先端臨床医学開発講座 技術補佐員
平成24年4月〜平成26年3月 都築学園 お茶の水はりきゅう専門学校 非常勤講師(生物学)
平成24年7月〜平成26年9月 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 循環制御内科学 技術補佐員
平成25年3月〜平成26年9月 東京大学付属病院 22世紀医療センター 先端臨床医学開発講座 技術補佐員 兼任
平成26年10月〜平成27年3月 順天堂大学 女性スポーツ研究センター ポストドクトラルフェロー
平成27年4月〜現在 日本学術振興会 特別研究員(PD)および順天堂大学 スポーツ健康科学部 協力研究員
平成28年5月〜平成29年9月 東京聖栄大学 健康栄養学部 非常勤講師(保健体育、体育実技、食と健康)
平成29年10月〜現在 東京聖栄大学 健康栄養学部 管理栄養学科 講師
平成30年4月〜現在 順天堂大学 女性スポーツ研究センター 協力研究員

このページのトップへ

学会及び社会における活動
現在所属している学会

日本体育学会、日本体力医学会、日本ミトコンドリア学会

年月事項
平成19年4月〜 日本体力医学会会員(現在に至る)
平成27年6月〜 日本ミトコンドリア学会会員(現在に至る)
平成30年4月〜 日本体育学会会員(現在に至る)

このページのトップへ

賞罰
平成21年9月 日本体力医学会新潟大会 研究奨励賞受賞
平成28年9月 日本体力医学会 国際学術交流奨励賞 受賞

このページのトップへ

著書(平成9年以降)
  著書、学術論文等の名称 単著
共著
の別
発行又は発表の
年月日
発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称 概要
  老年医学の基礎と臨床T. 共著 H20.06 ワールドプランニング サルコペニアは上肢よりも下肢で著しく、歩行能力に強く影響するため、それを抑制する筋力トレーニングや適切な栄養摂取量が重要であることを述べた.
大内尉義 編.pp138-142.久野譜也,坂戸洋子,膳法浩史.第2章 加齢に伴う身体機能の加齢変化,10 運動機能の加齢変化.
  心臓リハビリテーション知っておくべきTips. 共著 H20.06 中山書店 加齢にともなう筋量の低下を抑制させるためには,低強度であってもほぼ毎日トレーニングを行うことにより効果が得られることを述べた.
伊東春樹監修.pp236-237.久野譜也,膳法浩史.運動すると筋肉は変わるのか?―運動と筋線維のタイプ―.
  Genetic and Molecular Aspects of Sports Performance. 共著 H23.01 Wiley-Blackwell ミトコンドリア遺伝子多型と運動パフォーマンスの関連性のレビュー.
Edited by Claude Bouchard. pp215-226. Shinya Kuno, Hirofumi Zempo, Haruka Murakami. Chapter 19, Mitochondrial DNA Sequence Variation and Performance.

このページのトップへ

学術論文(平成17年以降)
  著書、学術論文等の名称 単著
共著
の別
発行又は発表の
年月日
発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称 概要
  Combination of polymorphisms in the beta2-adrenergic receptor and nitric oxide synthase 3 genes increases the risk for hypertension. 共著 H21.07 J Hypertens. 27(7): 1377-1383. 402名の中高齢者を対象に、高血圧の発症にADRB2 Arg16Gly 、NOS3 Glu298Asp遺伝子多型が関与することを示した.
Misono M, Maeda S, Iemitsu M, Nakata Y, Otsuki T, Sugawara J, Zempo H, Yoshizawa M, Miyaki A, Kuno S, Matsuda M, Ajisaka R.
  ACTN3 polymorphism affects thigh muscle area.
共著 H22.02 Int J Sports Med. 31(2): 138-42. 109名の高齢女性を対象に、大腿部筋横断面積にαアクチニン3遺伝子多型が関与することを示した.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Iemitsu M, Maeda S, Kuno S.
  Association between physical activity and metabolic syndrome in middle-aged Japanese: a cross-sectional study.
共著 H23.08 BMC Public Health 11: 624doi 483名の中年者を対象に、厚生労働省が提示した「健康づくりのための運動指針2006」の推奨身体活動量が、果たして実際のメタボリックシンドローム予防に十分か否かを検討した.その結果、推奨量未満の活動を行っている者は、メタボリックシンドロームもしくはメタボリックシンドローム予備軍となるリスクが2.2倍高いことが示された.
Kim J, Tanabe K, Yokoyama N, Zempo H, Kuno S.
  Age differences relation between ACTN3 R577X polymorphism and thigh-muscle cross-sectional area in women.
共著 H23.09 Genet Test Mol Biomarkers 15(9): 639-643. 162名の女性を対象に、ACTN3遺伝子多型と大腿部筋横断面積の関係を検討した.その結果、中年女性においては遺伝子型に差は認められなかったが、高齢女性においては、XX型がRR&RX型よりも筋断面積が小さいことが示された.このことは、ACTN3遺伝子多型がサルコペニアに関与する可能性を意味するかもしれない.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Iemitsu M, Maeda S, Kuno S.
  Periodontal Bacteria Aggravate Experimental Autoimmune Myocarditis in Mice. 共著 H25.03 Am J Physiol Heart Circ Physiol. 304(5): H740-8.  動物実験によって、歯周病菌であるP.g.菌が自己免疫性心筋炎を悪化させることを示した.
Ashigaki N, Suzuki JI, Ogawa M, Watanabe R, Aoyama N, Kobayashi N, Hanatani T, Sekinishi A, Zempo H, Tada Y, Takamura C, Wakayama K, Hirata Y, Nagai R, Izumi Y, Isobe M. 
  Objectively measured light-intensity lifestyle activity and sedentary time are independently associated with metabolic syndrome: a cross-sectional study of Japanese adults.
共著 H25.03 Int J Behav Nutr Phys Act. 10: 30. doi: 10.1186, 2013. 483名の中年者を対象に、不活動が運動量とは独立してメタボリックシンドロームの発症に関わることを示した.
Kim J, Tanabe K, Yokoyama N, Zempo H, Kuno S.
  Chlorogenic acid attenuates ventricular remodeling after myocardial infarction in mice.
共著 H25.06 Int Heart J. 54: 176-80. 動物実験によって、クロロゲン酸が心不全後の左室リモデリングを抑制させることを示した.
Kanno Y, Watanabe R, Zempo H, Ogawa M, Suzuki J, Isobe M.
  Chlorogenic Acid Suppresses a Cell Adhesion Molecule in Experimental Autoimmune Myocarditis in Mice. 共著 H25.09 Immunol Endocr Metab Agents Med Chem. 13(3): 232-6. 動物実験によって、クロロゲン酸が自己免疫性心筋炎による細胞接着分子の発現を抑制することを示した.
Zempo H, Suzuki J, Ogawa M, Watanabe R, Tada Y, Takamura C, Isobe M.
  Neovascularization induced by hypoxia inducible transcription factor is associated with the improvement of cardiac dysfunction in experimental autoimmune myocarditis. 共著 H26.02 Expert Opin Investig Drugs. 23(2): 149-62. 動物実験によって、自己免疫性心筋炎の改善に血管新生が関与することを示した.
Tada Y, Ogawa M, Watanabe R, Zempo H, Takamura C, Suzuki JI, Dan T, Miyata T, Isobe M, Komuro I. 
  A DPP-4 Inhibitor Suppresses Fibrosis and Inflammation on Experimental Autoimmune Myocarditis in Mice. 共著 H27.03 PLoS One. 10(3): e0119360. 動物実験によって、DPP-4阻害剤が自己免疫性心筋炎による線維化を抑制することを示した.
Hirakawa H, Zempo H, Ogawa M, Watanabe R, Suzuki JI, Akazawa H, Komuro I, Isobe M.
  Exceptional longevity and muscle and fitness related genotypes: a functional in vitro analysis and case-control association replication study with SNPs THRH rs7832552, IL6 rs1800795, and ACSL1 rs6552828. 共著 H27.05 Front Aging Neurosci. 7: 59. みられた遺伝子は見つからなかったが、一部のグループにおいて関連が示された遺伝子多型においては、遺伝子発現量と関連することが示された.このことは、これら遺伝子多型が単なる長寿マーカーではなく、機能的にも影響を与えている可能性を示している.
Fuku N, He ZH, Sanchis-Gomar F, Pareja-Galeano H, Tian Y, Arai Y, Abe Y, Murakami H, Miyachi M, Zempo H, Naito H, Yvert T, Verde Z, Venturini L, Fiuza-Luces C, Santos-Lozano A, Rodriguez-Romo G, Ricevuti G, Hirose N, Emanuele E, Garatachea N, Lucia A.
  A P2X7 receptor antagonist attenuates experimental autoimmune myocarditis via suppressed myocardial CD4+ T and macrophage infiltration and NADPH oxidase 2/4 expression in mice.
共著 H27.07 Heart Vessels. 30(4): 527-33. 動物実験によって、P2X7受容体の阻害が自己免疫性心筋炎を抑制させることを示した.
Zempo H, Sugita Y, Ogawa M, Watanabe R, Suzuki J, Isobe M.
  The mitochondrial-derived peptide MOTS-c: a player in exceptional longevity?
共著 H27.12 Aging Cell. 14(6): 921-3. ミトコンドリア由来ペプチドMOTS-cがヒトの長寿に関連するかどうかを論じた.
Fuku N, Pareja-Galeano H, Zempo H, Alis R, Arai Y, Lucia A, Hirose N.
  A different role of angiotensin II type 1a receptor in the development and hypertrophy of plantaris muscle in mice.



共著 H28.01 J Appl Genet. 57(1): 91-7. 動物実験によって、アンジオテンシン1a型受容体の欠損が骨格筋の大きさに関連することを示した.
Zempo H, Suzuki J, Ogawa M, Watanabe R, Isobe M.
  Cacao polyphenols ameliorate autoimmune myocarditis in mice.
共著 H28.04 Hypertens Res. 39(4): 203-9. 動物実験によって、カカオポリフェノールが自己免疫性心筋炎を抑制させることを示した.
Zempo H, Suzuki JI, Watanabe R, Wakayama K, Kumagai H, Ikeda Y, Akazawa H, Komuro I, Isobe M.
  運動能力・運動行動の遺伝率.
共著 H28.05 体力科学 65(3): 277-86. 運動能力・運動行動の遺伝率に関するレビュー論文.
村上晴香,膳法浩史,宮本(三上)恵里,菊池直樹,福典之.
  Both Diet and Exercise Are Necessary for Obese CKD Patients: A Pilot Prospective Randomized Controlled Study.
共著 H28.06 Open J Nephrol. 6: 43-54. 慢性腎臓病(CKD)患者を対象に、運動がCKDを悪化させることなく減量介入に貢献できることを示した.
Noguchi K, Kai H, Zempo H, Mizuno F, Hagiwara M, Morito N, Usui J, Saito C, Kuno S, Yamagata K.
  rs2802292 polymorphism in the FOXO3A gene and exceptional longevity in two ethnically distinct cohorts.
共著 H28.07 Maturitas. 92: 110-4. 長寿にFOXO3A遺伝子多型が関連するか否かを検討した国際研究.
Fuku N, Diaz-Pena R, Arai Y, Abe Y, Pareja-Galeano H, Sanchis-Gomar F, Zempo H, Naito H, Murakami H, Miyachi M, Venturini L, Ricevuti G, Hirose N, Emanuele E, Lucia A.
  The influence of periostin positive cell-specific Klf5 deletion on aortic thickening in DOCA-salt hypertensive mice.
共著 H28.11 Hypertens Res.2016; 39(11): 764-768. 動物実験を対象に、DOCA-Salt誘導性高血圧に伴う動脈肥厚に転写因子KLF5が関与する可能性を示した.
Zempo H, Suzuki J, Ogawa M, Watanabe R, Fujiu K, Manabe I, Conway SJ, Taniyama Y, Morishita R, Hirata Y, Isobe M, Nagai R.
  Muscle-Related Polymorphisms (MSTN rs1805086 and ACTN3 rs1815739) Are Not Associated with Exceptional Longevity in Japanese Centenarians. 共著 H28.11 PLoS One. 11(11):e0166605. 長寿にMSTN遺伝子多型とACTN3遺伝子多型が関連するか否かを検討した国際研究.
Fuku N, Alis R, Yvert T, Zempo H, Naito H, Abe Y, Arai Y, Murakami H, Miyachi M, Pareja-Galeano H, Emanuele E, Hirose N, Lucia A.
  Heritability estimates of muscle strength-related phenotypes: A systematic review and meta-analysis.
共著 H28.11 Scand J Med Sci Sports.2016 Nov 23. doi: 10.1111/sms.12804. 筋力に関連する表現型の遺伝率を報告した世界の58測定をメタ解析した.筋力に影響を与える遺伝と環境の割合は同程度であることが明らかとなった.
Zempo H, Miyamoto-Mikami E, Kikuchi N, Fuku N, Miyachi M, Murakami H.
  Link between blood flow and muscle protein metabolism in elderly adults.
共著 H29.01 J Phys Fitness Sports Med. 6 (1): 25-31. 高齢者におけるサルコペニアと血流量の関連を述べたレビュー.
Zempo H, Isobe M, Naito H.
  Association between ACTN3 R577X polymorphism and trunk flexibility in two different cohorts. 共著 H29.05 Int J Sports Med.2017; 38(5): 402-6. 柔軟性の個人差にαアクチニン3遺伝子多型が関連することを報告した.
Kikuchi N*, Zempo H*, Fuku N, Murakami H, Sakamaki-Sunaga M, Okamoto T, Nakazato K, Miyachi M. *These authors contributed equally to this work.
  Epistasis, physical capacity-related genes and exceptional longevity: FNDC5 gene interactions with candidate genes FOXOA3 and APOE. 共著 2017(H29).11 BMC Genomics. 2017; 18(Suppl 8): 803. 長寿遺伝子として、FNDC5とFOXOA3の遺伝子-遺伝子間相互作用の影響を検討した.1565名を対象とした国際研究.
Fuku N, Díaz-Peña R, Arai Y, Abe Y, Zempo H, Naito H, Murakami H, Miyachi M, Spuch C, Serra-Rexach JA, Emanuele E, Nobuyoshi H, Lucia A. 
  AGTR2 and sprint/power performance: A case-control replication study for rs11091046 polymorphism in two ethnicities. 共著 2018(H30).02 Biol Sport. 2018; 35(2): 105-9. 日本人とロシア・ポーランドにおける陸上短距離・パワー系アスリート特有の遺伝子を探索し、AGTR2遺伝子多型が男性競技者のアスリートレベルに関連する可能性が示された.一方で、その遺伝子多型は女性競技者とは関連が示されなかった.
Yvert T, Zempo H, Gabdrakhmanova LJ, Kikuchi N, Miyamoto-Mikami E, Murakami H, Naito H, Cieszczyk P, Leznicka K, Kostryukova ES, Alexeev DG, Egorova ES, Maciejewska-Skrendo A, Larin AK, Generozov EV, Kulemin NA, Ospanova EA, Pavlenko AV, Sawczuk M, ?mijewski P, Lulinska-Kuklik E, Govorun VM, Miyachi M, Ahmetov I, Fuku N.
  Heritability estimates of endurance-related phenotypes: A systematic review and meta-analysis. 共著 2018(H30).03 Scand J Med Sci Sports. 2018; 28(3): 834-45. 持久力の遺伝率を報告した世界の15測定をメタ解析した.持久力の遺伝率は44%-68%であることが明らかとなった.
Miyamoto-Mikami E, Zempo H, Fuku N, Kikuchi N, Miyachi M, Murakami H.
  Role of selected polymorphisms in determining muscle fiber composition in Japanese men and women. 共著 2018(H30).05 J Appl Physiol. 2018; 124(5): 1377-1384.  骨格筋の筋線維組成の研究.211名の日本人男女を対象として、速筋線維と遅筋線維の割合に影響を与える遺伝子多型を探索した.
Kumagai H, Tobina T, Ichinoseki-Sekine N, Kakigi R, Tsuzuki T, Zempo H, Shiose K, Yoshimura E, Kumahara H, Ayabe M, Higaki Y, Yamada R, Kobayashi H, Kiyonaga A, Naito H, Tanaka H, Fuku N.
  ESR1 rs2234693 polymorphism is associated with muscle injury and muscle stiffness.
(査読付)
共著 2019(H31).01 Med Sci Sports Exerc. 2019; 51(1): 19-26.
アスリートを対象として、肉離れの起こりやすさの関連遺伝子としてESR1遺伝子多型が関与することを明らかにした.また、この遺伝子多型が筋の硬さとも関連することも示した.
Kumagai H, Miyamoto-Mikami E, Hirata K, Kikuchi N, Kamiya N, Zempo H, Naito H, Miyamoto N, Fuku N.

このページのトップへ

口頭発表(平成17年以降)
  著書、学術論文等の名称 単著
共著
の別
発行又は発表の
年月日
発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称 概要
  中高齢女性におけるalpha-actinin-3遺伝子多型が筋力トレーニング効果に与える影響. 共著 H20.09 第59回日本体育学会, 東京 ACTN3遺伝子多型は筋萎縮に影響を与える可能性が報告されているが、本研究はACTN3遺伝子多型が筋力トレーニング(6ヶ月間、週5日、自体重負荷、10回3セット)による筋肥大には影響しない可能性があることを示した.つまり、筋量が少ないXX型の中高齢女性は筋力トレーニングを行なうことで筋量を維持・改善させることが可能である.
膳法浩史,田辺解,村上晴香,家光素行,前田清司,久野譜也.


  αアクチニン3遺伝子多型がサルコペニアに与える影響. 共著 H20.09 第63回体力医学会,大分 筋量に影響を与える要因を考慮したうえで,ACTN3遺伝子多型が大腿部筋横断面積に与える影響は加齢によって大きくなる可能性が示された.
膳法浩史,田辺解,村上晴香,家光素行,前田清司,中野由香利ダニエーラ,久野譜也.


  長期間の自体重を用いた筋力トレーニングはサルコペニアを抑制させる. 共著 H21.09 第64回日本体力医学会大会,新潟 高齢者において4年間の自体重を用いた筋力トレーニングの継続はサルコペニアを抑制する可能性が示された.
膳法浩史,田辺解,高橋康輝,村上晴香,横山典子,久野譜也.
  The relation between ACTN3 R577X gene polymorphism and sarcopenia. 共著 H22.05 North Asia Conference on Kinesiology 2010, Korea 403名の女性を対象に横断的検討により、ACTN3遺伝子型(XX型及びRR&RX型)によって年齢と大腿部筋横断面積の回帰曲線が異なることを示した.このことは、ACTN3遺伝子多型がサルコペニアに関与する可能性を示している.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Iemitsu M, Maeda S, Kuno S.



  αアクチニン3遺伝子多型が中高齢女性の筋力トレーニング効果に与える影響. 共著 H22.09 第61回体育学会大会,愛知 中高齢女性において、ACTN3遺伝子多型は筋力トレーニング(12週間、週2日、1RMの65%〜75%10回-3セット、休息2分)による筋量、筋力および歩行能力の変化に影響を与えない可能性がある.
膳法浩史,金正訓,永吉翔,清水美紗子,田辺解,久野譜也.

  ACTN3遺伝子型が中年女性の筋機能に与える影響. 共著 H22.09 第65回日本体力医学会大会,千葉 ACTN3遺伝子多型は、年齢や人種に関わらず女性の筋断面積あたりの筋力に影響を与える可能性が示唆された.
膳法浩史,田辺解,横山典子,金正訓,久野譜也.
  マウスにおけるアンジオテンシンIIタイプ 1 A受容体の欠損は骨格筋肥大を促進させる. 共著 H24.09 第67回日本体力医学会大会,岐阜 動物実験によって、アンジオテンシン1a型受容体(AT1A受容体)の欠損は,足底筋の肥大を促進することが示唆された.
膳法浩史,小川真仁,渡邉亮,鈴木淳一,磯部光章.
  ポリフェノール含有補助食品による循環器疾患の予防. 共著 H26.12 平成26年度 一般財団法人糧食研究会 一般公募研究成果報告会.東京 カカオポリフェノールの摂取は、マウス自己免疫性心筋炎を抑制させる可能性があり、心血管の炎症を抑制できる栄養補助食品として期待が出来ると考えられた.
膳法浩史,鈴木淳一.
  筋力関連表現型の遺伝率推定 -システマティックレビューとメタ解析-. 共著 H28.09 第71回日本体力医学会大会,岩手 筋力に関連する表現型の遺伝率を報告した世界の58測定をメタ解析した.筋力に影響を与える遺伝と環境の割合は同程度であることが明らかとなった.
膳法浩史,宮本(三上)恵里,菊池直樹,福典之,宮地元彦,村上晴香.
  ミトコンドリアDNA由来ペプチドMOTS-cのアミノ酸置換(K14Q)は身体活動量の低い男性における2型糖尿病に関連する. 共著 2017(H29).09 第72回日本体力医学会大会,愛媛 2型糖尿病の発症に関して、東アジア人特有な遺伝子の探索を行った.その結果、新規ミトコンドリアDNA由来ペプチドのアミノ酸置換を引き起こす遺伝子多型が低活動量の男性における2型糖尿病のリスクとなる可能性が示された.
膳法浩史、福典之、熊谷仁、西田裕一郎、桧垣靖樹、内藤久士、原めぐみ、田中恵太郎.
  A Kinesio-Genomic Effect of mtDNA Polymorphism in MOTS-c on Diabetes. 共同 2019(H31).03 The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, Kobe, March 29. 日本生理学会が主催する国際学会のシンポジウムの一つ.テーマは、Genomics of Sports and Exercise. 3番手の発表者として発表した.
Chair: Noriyuki Fuku, Co-Chair: Ola Hanson.
Speakers: Eri Miyamoto-Mikami, Ola Hansson, Hirofumi Zempo.

このページのトップへ

ポスター発表(平成17年以降)
  著書、学術論文等の名称 単著
共著
の別
発行又は発表の
年月日
発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称 概要
  アクチニン3遺伝子多型が中高齢女性における大腿筋横断面積に及ぼす影響-SATプロジェクト193-. 共著 H19.09 第62回日本体力医学会,秋田 109名の中高齢女性を対象に、身体活動量,栄養摂取量および血液成分といった環境的要因を考慮したうえで,中高齢女性においてαアクチニン3遺伝子多型R577Xが筋量に影響する可能性が示された.
膳法浩史,田辺解,村上晴香,家光素行,前田清司,福永哲夫,久野譜也.
  Association of muscle-related gene polymorphisms and thigh muscle cross-sectional area in Japanese postmenopausal women. 共著 H20.07 13th ECSS Congress in Portugal 109名の中高齢女性を対象に、大腿部筋横断面積と様々な遺伝子多型(ACTN3, IL15RA, AKT1, ACE)との関連を検討した.ACTN3のみが筋横断面積と関連を示した.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Iemitsu M, Maeda S , Kuno S.
  Effects of ACTN3 R577X polymorphism on static torque of knee extensor muscle and leg extension power in postmenopausal women. 共著 H20.07 7th World Congress on Aging and Physical Activity (ISAPA),Ibaraki 80名の閉経後女性を対象に、ACTN3遺伝子多型が筋パワーと関連を示した.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Iemitsu M, Maeda S, Fukunaga T and Kuno S.
  Body weight-bearing resistance training prevents sarcopenia in older women of the XX genotype of ACTN3 polymorphism: The four-year intervention study. 共著 H21.06 14th ECSS Congress in Norway 20名の高齢女性を対象に、4年間の自体重を用いた筋力トレーニング介入を行った.その結果、筋量が少ないXX型の対象者であってもサルコペニアを抑制させることが可能であることが示された.
Zempo H, Tanabe K, Murakami H, Maeda S, Kuno S.
  ACTN3遺伝子多型が加齢性筋萎縮に及ぼす影響. 共著 H21.09 日本人類遺伝学会第54回大会,東京 9歳から78歳までの明らかな疾患を有さない女性162名を対象として、対象を年齢の中央値である60歳によって中年群(82名、50.6±8.5歳)と高齢群(80名、66.8±4.5歳)に分けて検討を行なった。中年群は全ての項目において各遺伝子型に差がみられなかった。一方で、高齢群では身長や体重、身体活動量,血液成分濃度に差はみ
られなかったが、大腿部筋CSA(平均±標準誤差、XX型:67.8 ± 2.0 cm2,RR&RX型:72.5 ± 1.2 cm2; P<0.05)にのみ有意差がみられた。さらに、この高齢群における筋CSAの違いは大腿部前面で顕著であった。本研究の結果から、ACTN3遺伝子多型は加齢性筋萎縮に影響を与える可能性が示唆された。
膳法浩史,田辺解,村上晴香,家光素行,中野由香利ダニエーラ,前田清司,久野譜也.
  DOCA-Salt高血圧マウスにおけるペリオスチン陽性細胞特的KLF5欠損の影響. 共著 H25.10 第54回日本脈管学会総会、東京. 動物実験によって、ペリオスチン陽性細胞におけるKLF5は心肥大や血管肥厚に関わる可能性が考えられた。
心血管リモデリングに対して、ペリオスチン陽性細胞におけるKLF5を標的とした治療が有効であるかもしれない。
膳法浩史、小川真仁、渡邉亮、藤生克仁、真鍋一郎、Simon J. Conway、平田恭信、磯部光章、永井良三.
  マウス静脈移植後の新生内膜形成に対する血管外膜線維芽細胞の関与. 共著 H26.10 第55回日本脈管学会総会.岡山 動物実験によって、静脈移植後の新生内膜形成のメカニズムの一つとして、常在している血管外膜線維芽細胞の転写因子KLF5が関与している可能性が考えられた.また、転写因子KLF5はCxcl12の発現を制御している可能性が考えられた.
膳法浩史,小川真仁,江花有亮,多田裕子,浜谷陸太,前嶋康浩,小室一成,磯部光章,永井良三.
  The relationship between alpha-actinin-3 gene R577X polymorphism and muscle flexibility. 共著 H27.09 The 2nd Congress, International Academy of Sportology. Tokyo ACTN3遺伝子多型が柔軟性に関与する可能性を示した.
Zempo H, Fuku N, Murakami H, Miyachi M.
  αアクチニン3遺伝子R577X多型は女性の柔軟性に関連する. 共著 H27.09 第70回日本体力医学会大会,和歌山 776名の男女を対象に、ACTN3遺伝子多型が柔軟性に関与することを示した.
膳法浩史,福典之,村上晴香,宮地元彦.
  ミトコンドリア由来ペプチドMOTS-cアミノ酸置換(K14Q)を生じさせるm.1382A>C多型と2型糖尿病との関連. 共著 H27.11 第15回日本ミトコンドリア学会年会,福井 12,069名の男女を対象に検討を行った.身体活動量が低い男性において、ミトコンドリア遺伝子m.1382A>C多型は2型糖尿病の有病率と関連した.今後は、この多型によって生じるMOTS-cアミノ酸置換(K14Q)がインスリン感受性に及ぼす機序を検討する必要がある.
膳法浩史,福典之,西田裕一郎,桧垣靖樹,内藤久士,原めぐみ,田中恵太郎.
  Relation between type 2 diabetes and m.1382 A>C polymorphism which occurs amino acid replacement (K14Q) of mitochondria-derived MOTS-c. 共著 H28.04 Experimental Biology 2016, San Diego 身体活動量が低い男性において、ミトコンドリア遺伝子m.1382A>C多型は2型糖尿病の有病率と関連した.しかしながら、メカニズムの検討において動物実験によって、MOTS-c変異体は通常マウスのグルコース耐性を変化させないことが示された.
Zempo H,Fuku N, Nishida Y, Higaki Y,Naito H,Hara M,Tanaka K.

このページのトップへ

講演・その他(平成17年以降)
  著書、学術論文等の名称 単著
共著
の別
発行又は発表の
年月日
発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称 概要
  若手研究者が体育学の学びとキャリアパスを考える:私が研究の道へ進んだ理由 共同 2018(H30).08 第69回日本体育学会大会、徳島 大学院生・若手研究員に向けた大会企画シンポジウム.自身の経歴や現在の研究テーマ、そのテーマに至るまでの経過を紹介した.また、それぞれの分野が考える体育や体育学会の将来について議論した.
司会:鈴木宏哉(順天堂大学)、根本みゆき(筑波大学附属病院)
演者:一階千絵(群馬県立女子大学)、鎌田真光(東京大学)、膳法浩史(東京聖栄大学)、杉崎弘周(新潟医療福祉大学)、緒形ひとみ(広島大学)、藤田善也(早稲田大学).
  10年後も健康に生活するために〜筋力トレーニングで介護予防〜. 単独 2018(H30).12 葛飾区立中央図書館 葛飾区立中央図書館・東京聖栄大学連携講演会.2018年12月1日.

このページのトップへ

閉じる