北欧料理リラ・ダーラナ

北欧料理リラ・ダーラナ

第28回食文化研究会は平成28年10月2日(日)に北欧スウェーデンの食文化研究会を開催いたしました。「北欧料理リラ・ダーラナ」は、「スウェーデンの田舎の小さな一軒家に招かれたようなくつろぎ」を大切にしている、本格的な北欧料理を楽しめる店舗です。

今回はスウェーデンでよく食べられるミートボールとニシンのマリネやスモークサーモンや、あまり食べ慣れない料理としてトナカイソーセージやザリガニをいただきました。

北欧料理リラ・ダーラナ

ミートボールは「日本の肉じゃが」と同様、スウェーデンでは「家庭の味」と呼ばれるほど、馴染みがある料理です。「リンゴン」と呼ばれる木の実を使用した「リンゴンベリージャム」を付けて食べるのがスウェーデン流です。

食べ慣れない食材のザリガニは、日本では泥臭いイメージがするかもしれませんが、スウェーデンは、「森と湖の国」と呼ばれ、森林が国土の6割、湖が国土の1割を占める国であり、湖などに生息する淡水のザリガニはあまり臭みがありません。カニに近い食感で日本人でも美味しく戴ける料理でした。

飲み物といえば、ワイン、ビール、ウィスキーやウォッカといったおなじみのものから、シードル、スナップスやプンシュなどちょっと聞き慣れないものまでいろいろあります。その中でも麦やジャガイモからできた蒸留酒「アクアヴィット」です。歌って飲む、陽気なスウェーデン人は小さなグラスに入れては何度も乾杯をして飲むそうです。アルコール度数が40度もあり「スウェーデンのウォッカ」とも呼ばれています。

食事を通して卒業生が交流を深める事もでき、充実した食文化研究会となりました。 次回の「第29回食文化研究会」は平成29年10月の第1週目の日曜日を予定しております。皆様ぜひお越しいただけますと幸いです。

line

ブラッスリー・ジョンティ(アルザス地方)

ブラッスリー・ジョンティ

今回の食文化研究会はフランスアルザス地方の食文化の研修で、浅草橋にあるブラッスリー・ジョンティにて開催されました。アルザス地方はドイツとの国境に接しており、言語も食文化もフランスとドイツが融合し存在しています。 アルザス地方の料理でシュークルートという料理は、スパイスをたっぷり使って自家発酵させたザワークラウトと豚の加工肉とを煮込んだとても有名な料理です。ザワークラウトはドイツ料理として有名ですが、アルザス地方料理の材料として頻繁に用いられています。

ブラッスリー・ジョンティ

今回の食文化研究会では、ジョンティさんにお願いして、食文化研究会のためのオリジナルメニューを作っていただき、アルザス地方で有名なお料理を出していただきました。シュークルートや数種類のスパイスを巧みに使って焼き上げたパンデビスというケーキに、レバーペーストを塗っていただく前菜は参加者のお気に入りでした。また、アルザス地方のピザパイのタルトフランベも具材を変え何種か出していただきました。アルザス地方はおいしいワインが生産されることでも有名で、今回はアルザスの白ワインをお料理とともに楽しむことができました。

line

隋園別館(北京料理)

如水会館

平成26年10月5日、第26回食文化研究会が隋園別館で開催され、27名が参加しました。当日は本研修会のために考案されたコースメニューを頂きました。

line

「アワーズダイニング」「ワイン工房ココファーム」

如水会館

平成25年10月6日、第25回食文化研究会が開催されました。今回は第25回記念として、那須方面のバス旅行を実施しました。まずは、「アワーズダイニング」で濱口シェフの素材から手作りというコンセプトの料理を楽しみました。その後、足利にある「ココファーム」でワインを楽しみました。

line

24回 如水会館(フランス料理)

如水会館

9月30日第24回食文化研究会が如水会館にて開催されました。フランス料理の名門である東京會舘のお料理を参加者26名で味わいました。今回のメニューは食文化研究会のために森田総料理長さんが作成されたもので料理長さんの詳しいお料理の説明をいただき、フランス料理について学んでまいりました。

line

23回 AWキッチン ラ・プラディーナ
AWキッチン ラ・プラディーナ
平成23年10月2日(日)、第23回食文化研究会が開催されました。たっぷりの新鮮野菜が組み合わされており、季節感溢れるおいしい料理でした。
line

19回 ヴォーロ・コズィ
ヴォーロ・コズィ
第19回食文化が開催されました。東京白山のヴォーロ・コズィにて北イタリア料理の研修を行いました。参加者は22名で西口シェフによる北イタリア料理を楽しみました。 デザートになったころ、西口シェフから北イタリア料理の特色や調理法などの説明があり、参加者は熱心にメモをしたり、シェフに質問をしたりと、充実した勉強会となりました。
URLVolo Cosi
line

18回 目黒雅叙園渡風亭
会場となった目黒雅叙園渡風亭は水と緑に囲まれた美しい和風庭園の中にありました。 室内は日本伝統の芸術である螺鈿細工や、漆塗りなどが施されている重厚なお部屋でした。 そこで頂いた料理は加藤料理長による季節感あふれる会席料理で、お料理だけでなく器の美しさも堪能してきました。
URL目黒雅叙園
line
17回 アクアパッツァ
アクアパッツァ
イタリアの田舎町の趣のテラス席で25名の参加者はイタリア料理を楽しみました。 この日のメニューは食文化研究会のために作られたオリジナルメニューで、中でも前菜として出されたバーニャカウダは楽しい料理で参加者には好評でした。 この料理は野菜にニンニクとアンチョビ風味のオイルソースをつけながら頂くもので、イタリア北部のピエモンテ地方の料理だそうです。
imageimage
URLアクア・パッツァ
食文化研究会
1990年から始まった食文化研究会。
毎年テーマそって現在までに様々な国の料理を実際に食しながら、その料理について勉強してます。 また同窓生との交流も図ることができるので、毎回楽しみにしております。 参加者には事前に料理について知ってもらおうとその料理についての冊子をお送りしております。 
開催は10月第1日曜日(だいたい)の年1回のみです。
また人気のため、締め切りがとても早いです。
参加してみたい方はぜひ早目に大学の方にご連絡していただけると確実です。
皆様のご参加心よりお待ちしております。

※次回食文化研究会の予定は下記に掲載いたします。


過去の食文化研究会

第28回
北欧料理リラ・ダーラナ」(スウェーデン料理)
第27回
ブラッスリー・ジョンティ」(アルザス地方料理)
第26回
隋園別館」(北京料理)
第25回
アワーズダイニング」(自然創作料理)
ワイン工房ココファーム
第24回
如水会館」(フランス料理)
第23回
「AWキッチン ラ・プラディーナ」(イタリア料理)
第22回
カフェ・ド・イシス」(日本料理)
第21回
花山椒」(日本料理)
第20回
バス旅行
【新小岩―佐倉シイタケ狩り―佐原酒造工場見学・佐原町並み散策―佐倉カステッロ(イタリア料理)にて昼食―川村記念美術館見学―新小岩】
第19回
Volo Cosi」(北イタリア)
第18回
目黒雅叙園」(日本料理)
第17回
アクア・パッツァ」(イタリア料理)
第16回
XingFu 銀座店」(薬膳料理)
第15回
「アラン・ウォンズハワイ」(ハワイ料理)
第14回
パラッツオ」(フランス料理)
第13回
柿傳」(茶懐石料理)
第12回
重慶飯店」(四川料理)
第11回
アトリエ・ド・フロマージュ」(イタリア料理)
第10回
吉祥寺第一ホテル」(西洋料理)
第 9回
梅林」(日本料理)
第 8回
「福臨門」(中華料理)
第 7回
「モンテコスタ」(地中海料理)
第 6回
「HALFMINT」(インド料理)
第 5回
「寿」(鹿児島郷土料理)
第 4回
太巻き祭りずし作り方教室
第 3回
青海の酒造工場見学と吉川英治記念館の見学
第 2回
焼き物里益子とハーブハーモニーガーデンを訪ねて
第 1回
山梨県の郷土料理とワイン工場見学

このページの先頭へ
bar
お問い合わせ 東京聖栄大学へ © 2007 Copyright SEIEIKAI . All Rights Reserved.