健康栄養学部概要

健康栄養学部の目的

本学の目的達成のために健康栄養学部を置く。

(学則 第4条より)

健康栄養学部について

健康栄養学部長
田所 忠弘

  本学健康栄養学部では、“食”を構成する成分のうち、身体での役割については管理栄養学科で、“食”の保蔵や“食”の持つ機能を活かした加工利用などについては、食品学科で学ぶことが出来ます。
  4年間に亘って“食”についての知識を身につけ、“食”のプロフェッショナルとして社会で活躍し、将来は指導的立場に立つ人材を育てることを前提とした教育がなされています。

  昨今、食と健康について関心が深まっていますが、一方では“食”にまつわる事故や事件などの不祥事が多発し、一般の人々の間に“食”に対する不信感が募っています。
これらのことに適正に対応し、食の安全を確保し、さらに“食”に対する安心感をひろく持てるよう指導するのは本学であり、学ぶ皆さんの使命であると考えます。もともと“食”は健康ひいては生命を維持するための大切な要素を含んでいますが、事故につながりやすい要素も同時に含んでいます。本学では、単に“食”についての知識や技術を身につけるにとどまらず、社会人、企業人として欠くことのできない、豊かな教養と品格、さらに倫理観を備えた人材の育成を目指しています。

健康栄養学部 構成図

「健康栄養学部」は「管理栄養学科」と「食品学科」から構成されています。
各学科の内容は詳細ページからご覧下さい。

健康栄養学部フロー

食品学科 管理栄養学科

カリキュラムポリシー

本学の教育目標を達成するため、以下の方針に基づいて教育課程(カリキュラム)を編成しています。

健康栄養学部のカリキュラムポリシー(大学全体のカリキュラムポリシー)

※本学は健康栄養学部1学部の為、学部のカリキュラムポリシーを大学全体のカリキュラムポリシーとみなしています。

  • 合理的、目標追求的な共通教育科目の設定と運営
  • 専門科目との接続を重視した専門基礎科目の充実と効果的な配列
  • 専門科目間の関連がわかる効果的な配列
  • 実験・実習の充実と効果的な運営
  • 初年次教育(導入教育、リメディアル教育を含む)の充実

絶え間ないカリキュラムの検討と更新を行い、教員の授業の改善(FD)を進めて
「わかる」→「出来る」→「やる気になる」→「更に高い目標に向かって努力する」学びのサイクルを実現します。

管理栄養学科のカリキュラムポリシー

  • 初年次教育科目「管理栄養士の基礎演習」から、管理栄養士国家試験受験対応科目「健康・栄養総合演習概論、健康・栄養総合演習 I・II・III」まで、一貫して「管理栄養士養成」の目的を明確にする。
  • 初年次教育科目「リテラシー(演習を含む)」で「大学での学習の進め方」 「学習の動機づけ」を学習・定着させた上で、専門基礎科目・専門科目の関連を示して教育効果を高める。
  • 学習のレディネス格差を考慮して「化学入門」をおき、物質的な理解を深めるための「化学」「有機化学」を必修科目とし、専門基礎科目の理解を進めつつ、専門科目相互を関連付けて学習させる。
  • 学生が身につけた知識と技術・技能を、 「臨地実習」で確認・発揮できるように専門基礎科目・専門科目を配列する。
  • 「臨地実習」 「総合演習」を通して「管理栄養士国家資格を取得する」 「専門職として将来の生活を設計する」動機付けを再確認して、資格取得および実務能力向上に向けた学習を強化する。
  • 管理栄養士育成という職業教育を通じて、社会に貢献できる心身のバランスがとれた人材を世に出すために、学生と一体となった学習「ゼミナール I ・ II 」で、コミュニケーション能力や社会性を身につけさせ、人間力を向上させる。

食品学科のカリキュラムポリシー

  • 初年次教育科目から専門科目まで、一貫して「食の専門家(食品技術者)養成」の目的を明確にする。
  • 初年次教育科目に、幅広い一般教養、社会常識、国際感覚を身につけるための科目を配置する。
  • 学生のレディネス格差を考慮して、語学系基幹科目、化学系基幹科目をおき、共通科目、専門科目も体系的に学習できるように配置する。
  • 演習、実験、実習、卒業研究、卒業制作等を課すことにより、開発力および解決力のある人材の育成をおこなう。
  • 各種の資格取得および技術・技能ならびに実務能力向上を支援する科目を整備するとともに、「インターンシップ」を配置することにより実社会に適応できる人材の育成をおこなう。
  • ゼミでの学習により専門知識やコミュニケーション能力などを身につけた人材の育成をおこなう。

学びの領域 共通科目

学部基幹科目
食生活論 / 食と健康 / 健康管理概論
人文科学
倫理学 / 心理学 / カウンセリング概論 / 行動の科学 / 人間の発達 / 文学 / 自己表現法 / 比較文化学
社会科学
法学概論 / 経済学 / 社会学 / 経営学
自然科学
化学入門 / 化学 / 化学実験 / 有機化学 / 生物学 / 統計学
情報分野
情報処理演習
保健体育分野
保健体育 / 体育実技 / スポーツ・レクリエーション
外国語分野
英語 /フランス語 / 中国語

※なお、管理栄養学科食品学科の専門科目は学科のページをご覧ください。

ディプロマポリシー

本学の教育目標を達成することが卒業時の到達目標(ディプロマポリシー)になります。

健康栄養学部のディプロマポリシー(大学全体のディプロマポリシー)

※本学は健康栄養学部1学部の為、学部のディプロマポリシーを大学全体のディプロマポリシーとみなしています。

  • 健康・栄養・食品に関する専門的知識と技術、技能を身につけている
  • 大学で学んだこと・身につけたことを実社会で形にして表現できる応用力としての技術と技能を身につけている
  • 実践して得られた結果を科学的(記録・予測・制御)に考察し、合理性をもって論文やレポートにまとめることができる

管理栄養学科ディプロマポリシー

  • 管理栄養士として、社会で活躍できる専門的知識と技術、技能・コミュニケーション能力を身につけている
  • 管理栄養士として、保健・医療・福祉・介護・教育などの分野で、ライフステージに応じた健康づくり支援ができる
  • 管理栄養士として、地域社会に参画し、人々の生活の質(QOL)の向上に貢献できる

食品学科ディプロマポリシー

  • 食品技術者として食品産業界で活躍できる専門的知識と技術、技能を身につけている
  • 食品の流通・消費や食文化に関する専門的知識とコーディネート能力を身につけ、その充実・発展に貢献できる
  • 食の安全に関する専門的知識と技術、技能を身につけ、食品衛生管理業務に活かすことができる

取得可能な学位

IMAGE

管理栄養学科
学士(栄養学)
食品学科
学士(食品学)

取得可能な資格

管理栄養学科

栄養士
管理栄養士国家試験受験資格
栄養教諭(一種)

食品学科

食品衛生管理者 / 食品衛生監視員
HACCP管理者資格 /
フードスペシャリスト / フードサイエンティスト
食品微生物検査技士 / 検査分析士
家庭料理技能検定