科学研究費・二国間交流事業共同研究

科学研究費助成事業

科学研究費(科研費)とは

科研費

科学研究費とは、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、文部科学省及び日本学術振興会が取り扱っています。

関連リンク

東アジア調査に基づくベーチェット病、強皮症の特異的HLAが病態に関わる機序の研究

竹内二士夫教授の研究課題「東アジア調査に基づくベーチェット病、強皮症の特異的HLAが病態に関わる機序の研究」が平成28年に採択されました。概要は以下の通りです。

研究期間

2016年4月1日~2020年3月31日

研究分野

膠原病・アレルギー内科学

研究種目

基盤研究(B)(海外学術調査)

概要

この研究で対象としているベーチェット病(BD)は日本やトルコに多いシルクロード病とも言われている原因不明の炎症疾患です。強皮症は皮膚の硬化や特異的な自己抗体を特徴とする代表的な自己免疫性疾患です。これら二つの疾患にはHLA(組織適合抗原)と呼ばれる自己と他を認識して免疫に関与する遺伝子が関係している事がわかっていますが、このHLAが病態に関与する機序は明らかではありません。

昨年度は強皮症に関連するHLAと強く結合するアミノ酸配列がある事を計算化学的に証明し、雑誌Scientific Reportsに発表しました。今年度はHLA-B51という遺伝子を持つBD患者由来のリンパ球(免疫の細胞)が、病因の候補蛋白であるHSP65で刺激されると増殖する事を見出し、PLOS ONEに報告しました。引き続きHLAの関与を疫学的に明らかにし、病態形成における役割を計算化学的、免疫学的に検討する研究を進めていきます。そして、食物アレルギーの研究や、薬剤の開発にも役立てたいと考えています。

米飯類の冷蔵による食味低下を視覚的かつ定量的に示す品質評価法の構築とその応用

大田原美保教授の研究課題「米飯類の冷蔵による食味低下を視覚的かつ定量的に示す品質評価法の構築とその応用」が2019年に採択されました。概要は以下の通りです。

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日

審査区分

小区分08030:家政学および生活科学関連学

研究種目

若手研究

概要

炊飯直後の米飯は透明感があり、程よい硬さと粘りを持ち美味しいものですが、保存のために冷蔵すると外観や食感の変化が生じて食味が低下してしまいます。食品産業界において、食味低下を客観的に捉える評価法の確立と炊飯後の品質制御は重要な課題です。我々は冷蔵によって米飯の透明性が低下する現象に着目し、厚さ0.1mmに機器で圧縮した米飯粒の顕微鏡観察を行い、その画像解析で捉えた変化から食味低下を視覚的・定量的に捉える新しい手法(以下、圧縮米飯粒法)を検討してきました。本手法は現在、白飯以外の飯への適用条件を検討して汎用性を高める段階にあります。本研究では、外観、味、物性が異なる米飯の圧縮米飯粒法のデータを蓄積し、官能評価や客観的測定値との相関関係を総合的に分析して、様々な米飯類の冷蔵による食味低下を視覚的かつ定量的に示す品質評価法の構築を目指しています。

日本人高齢者における骨格筋量と筋血流量の関連

膳法浩史講師の研究課題「日本人高齢者における骨格筋量と筋血流量の関連」が平成30年に採択されました。概要は以下の通りです。

研究期間

2018年4月1日~2021年3月31日

審査区分

小区分59040:栄養学及び健康科学関連

研究種目

若手研究

概要

加齢に伴う筋量と筋力の減少(サルコペニア)について研究を行っています。我が国はどの国も経験したことのない超高齢社会の国であり、15年後には3人に1人が高齢者であると推計されています。世界中が日本の高齢化対策の動向に注目しています。この研究では、いかに高齢者が自立して健康なままで生活できるかを目標に活動しています。そのためにメカニズムが不明であるサルコペニアを解明することで高齢者の自立した生活を支援できるのではないかと考えています。具体的には、高齢者において血流量の減少がサルコペニアに関係しているのではと仮説を立てており、そのデータを蓄積していきます。本研究では、血流を測定するために超音波エコーを購入しました。大変活躍してくれています。

スポーツ障害(靱帯損傷・筋損傷・疲労骨折)を規定する機能的遺伝子多型の解明

膳法浩史講師の研究課題「スポーツ傷害(靱帯損傷・筋損傷・疲労骨折)を規定する機能的遺伝子多型の解明」(研究代表者:福典之順天堂大学准教授)が平成30年に採択されました。概要は以下の通りです。

研究期間

2018年4月1日~2022年3月31日

審査区分

小区分59020:スポーツ科学関連

研究種目

基盤研究(B)(一般)

概要

スポーツ傷害は競技力に対して単にマイナスに影響するだけでなく、時として選手生命さえも脅かすことがあります。スポーツ傷害の予知として遺伝子情報が活用できるのではないかと考えています。具体的には、競技アスリートを対象として靱帯損傷、筋損傷、疲労骨折といったスポーツ傷害に関連する遺伝要因について、全ゲノムDNAを対象とした網羅的遺伝子多型解析という手法を用いて明らかにします。共同研究者と協力することで既に千人を超えるアスリートのDNAを得ています。スポーツ傷害に関連する遺伝子とその機能を解明することで、個人対応型のスポーツ傷害予防法の開発に貢献することを最終目標としています。私が分担している研究の作業としては遺伝子解析であり、いわゆるビッグデータを扱っています。日々進化する解析技術についていけるよう、最新の情報を仕入れるよう心掛けています。

エネルギー代謝と生体リズムに影響を与える脂肪酸の解明

*所属機関変更者 *タイトルをクリックすると内容を表示します。

臨床応用を目指した骨組織における神経-血管機能の解明 終了

*タイトルをクリックすると内容を表示します。

飽和脂肪酸、または一価不飽和脂肪酸の摂取がエネルギー代謝と睡眠構造に与える影響 終了

*所属機関変更者 *タイトルをクリックすると内容を表示します。

二国間交流事業共同研究

二国間交流事業とは

二国間交流事業は、諸外国のアカデミーや学術研究会議との間で協定や覚書を締結し、我が国と当該国との間で多様な学術の国際交流を推進していく事業です。交流の主たる形態には、小規模グループ又は個人の研究者を対象とする共同研究、セミナー及び研究者交流(派遣・受入)があり、日本学術振興会が取り扱っています。

本事業では、個々の研究者交流を発展させた二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指し、我が国の大学等の優れた研究者(若手研究者を含む)が相手国の研究者と協力して行う共同研究・セミナーの実施に要する経費が支援されています。

関連リンク

高効率青果物流通システムの構築に関する日中両国間比較研究 終了

*タイトルをクリックすると内容を表示します。