学校法人東京聖栄大学 行動計画

教職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

令和2年 4月 1日~令和5年 3月31日までの3年間

2. 内容

目標1:ワークライフバランスの観点から行った、勤務時間短縮の定着を図る

対策

・平成29年4月~
勤務時間短縮を継続する。
(平成26.10.1から勤務時間短縮の定着を図る)
・平成29年4月~
労働条件通知書にて周知する。
・平成29年4月~
組織内コミュニケーションの強化、部門ごとの業務見える化を行うことで定着を図る。

目標2:年次有給休暇の取得を促進する

対策

・平成31年4月~
時間単位の有給休暇制度の導入を行ったことから、インフォメーションなどによる教職員への周知を行い、利用を推奨する。
・平成31年4月~
年次有給休暇の4月一斉付与により、取得日及び消滅時効を明確化することにより、有給休暇の残日数の把握を容易にし、有給休暇取得に繋げる仕組み作り。