見直そう東京食材!東京都の食材を使った加工食品・料理メニュー展

平成28年11月12日(土)~13日(日)の2日間にわたり東京聖栄大学で開催した大学祭『聖栄葛飾祭』に日本フードスペシャリスト協会の補助を受けて参画し、ポスター展示を行いました。

また、同日の平成28年11月12日(土)~13日(日)の2日間にわたり、東京都が開催した「第9回 東京都食育フェア」でも同様の企画を展示致しました。これらの実施記録を報告します。

概要

3・4年次生の学生が、東京都のご当地食材を選び、それについての研究内容や新しい加工食品および料理メニューを提案・試作し、その内容をポスターにまとめ展示しました。会場では学生が待機し、来場者の質問に対応しました。

I.ポスター展示

学生達からのポスター9枚が提案されました。それらは表1の通りです。

表1 展示したポスター

研究表題 研究室名
~江戸の食べ物~もんじゃ焼きの嗜好性について 食品学第2研究室
明日葉粉末を添加した食パンの作成 食品学第1研究室
人形焼について 食品衛生学研究室
自家製べったら漬けについて 微生物学研究室
多摩こんにゃく 英語第1研究室
豚肉とブロッコリーとサツマイモの粒マスタード和え 理化学研究室
小笠原のラム酒を使ったティラミス 食品加工学研究室
江戸甘みそについて 調理学第2研究室
小松菜について 調理学第2研究室

II.実施記録

東京都食育フェア

東京都食育フェアの主催者発表来場者数は昨年度より1万人程多く、3万人を超え盛況でした。東京都食育フェアでも『聖栄葛飾祭』と同様の展示を行いました。東京都のご当地食材を取り上げた理由や「江戸野菜」についても質問を受けました。また、パネル展示の内容についての質問以外に、東京聖栄大学についての質問、食の安全についての質問もありました。(下記写真参照)

『聖栄葛飾祭』

『聖栄葛飾祭』では、パネルの展示だけでなく、「食材クイズ」を実施し、似たような食品を並べ、その食品名を当ててもらうなど、少しでも食品に興味・関心を持ってもらうことをテーマに行いました。(下記写真参照)

III.総括

東京都のご当地食材・加工品を取り上げることで、東京周辺で伝統的に生産されてきた「江戸野菜」や東京の加工食品の生産者について知識を得ることができ、また、それらを利用した新規加工品や料理メニューの開発を卒業論文の一環として研究した学生もおり、苦労の成果として、種々の製品を完成しました。このようなトレーニングが食品開発やメニュー開発の勉強として役立つと共に、その研究が本人はもとより、後輩たちに引き継がれ継続していくように努めてまいります。