学生生活サポート

いつも自信と安心に満たされた学生生活、
豊かな学生生活を送るために、さまざまなサポート制度があります。

学生支援センターでは就職活動におけるバックアップ以外にも、4年間の大学生活における学生相談(学業、健康、経済等)、アルバイトや指定学生寮などさまざまな相談を行っています。充実した学生生活を送るためにも大いに活用してください。

学生相談(カウンセリング)

皆さんの様々な問題をサポートします

岡田教授管理栄養学科 岡田弘 教授

カウンセリングとは人生の発達段階で出会う様々な問題を援助する活動のことです。カウンセラーの岡田が皆さんの様々な問題を援助いたします。カウンセリング室は4号館5階にあります。カウンセリングが扱う領域は幅広いものです。精神的な問題、家族に関すること友人に関すること、身体に関することなど様々です。気軽に相談に来てください。

オフィスアワー

オフィスアワーは、教員が、学生のみなさんの学業や学生生活全般にわたる相談に応じるために、質問や相談を受けるための時間です。この時間を積極的に活用し、学業や学生生活上の諸問題を解決してください。各教員の相談に応じる曜日、時間帯、場所はシラバスに記載されていますので、積極的に利用しましょう。なお、オフィスアワーに設定している時間帯であっても、会議や出張などで対応できない場合がありますので、予めご承知おきください。

学年担任制度

学年担任制度とは、1学年2名の専任教員が学生のみなさんの学業や学生生活全般のアドバイスをはじめ、相談や交流を通して、学生生活をより豊かなものにするための制度です。学年担任の先生は、入学式の時に発表します。

学生パブリックコメント

学生に対する教育・指導の充実やサービス機能の向上に努めるため、学生の皆さんからの意見、提案等について可能な限り積極的に対応し、より良い大学生活となるように取り組んでいます。

>>学生パブリックコメント ~学生生活について~

キャンパス内の情報環境(学内LAN)

PC

学生にはメールアドレスや認証パスワードを付与していますので、学内LANを利用できる情報環境が整っています。 1号館多目的ホール、学生支援センター、栄養系演習室、図書館閲覧室、栄養教育実習室、情報処理実習室、別館自習室などで授業や大学生活に欠かせない情報検索などの利用ができます。なお、食品学科研究室には卒業研究用として所属学生数に準じてパソコンを配置しています。

マナー向上運動

マナー向上運動

平成18年度より、本学の教育理念の「社会人として必要な豊かな教養とマナーを身に付けさせる」を実践するため全学的に『マナー向上運動』を 実施しています。新入学生を対象にマナー講座を開催し、3・4年次生には就職活動においても役立つマナー実践講座を開催しています。

ECO推進運動

ECO推進運動

平成19年度から、地球環境問題の重要性をより認識し具体的活動を実践するため、『ECO推進運動』を実施しています。地元葛飾区との協調も兼ね「葛飾区役所環境部リサイクル課」による講演会などを開催しました。

東京聖栄大学奨学金

平成28年度は、5月18日に入試成績優秀特待生として1名が選ばれ、学業成績優秀奨学生として12名が選ばれ、松本学長より奨学金が授与されました。

東京聖栄大学奨学金表彰者

東京聖栄大学奨学金表彰者

東京聖栄大学奨学金は、入学選抜試験において特に優秀な成績で合格した学生に対する「入試成績優秀特待生」と、2~3年次に在学し、前年度1年間における学業成績が特に優秀で、品行方正かつ心身ともに健全な学生に対する「学業成績優秀奨学生」があります。

日本学生支援機構の奨学金制度

定期採用

原則、毎年4月に学校で奨学生の募集を行います。

貸与月額

第一種奨学金 緊急採用(無利子)

自宅

30,000円、54,000円から選択

自宅外

30,000円、64,000円から選択

第二種奨学金(有利子)

貸与月額は30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から選択でき、必要に応じて貸与月額を変更することもできます。

緊急採用・応急採用

家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気若しくは死亡等又は火災、風水害等の災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は、随時奨学生の募集を行っています。

貸与月額

第一種奨学金 緊急採用(無利子)

自宅

30,000円、54,000円から選択

自宅外

30,000円、64,000円から選択

第二種奨学金 応急採用(有利子)

貸与月額は30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から選択でき、必要に応じて貸与月額を変更することもできます。

>>日本学生支援機構のサイトへ

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

入学金、授業料、教科書代、アパートの敷金・家賃など、入学時や在学中に必要となる資金を融資する公的な制度として、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」があります。融資金額は、学生一人につき350万円以内、返済期間は15年以内です。(※交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)

>>日本政策金融公庫「国の教育ローン」のサイトへ

社会福祉協議会 生活福祉資金

各地域の社会福祉協議会で取り扱っています。

学生運賃割引証(学割)

学割は帰省・見学・合宿等を目的として片道の区間が101km以上のJR(船・バスを含む)を利用する場合、学生支援センターが発行します。運賃のみ2割引となります。希望者は学生支援センターに備え付けの学割交付願用紙に所定の事項を記入して申し込んでください。発行は申込日の翌々日となるので、使用日が分かり次第早めに申し込みましょう。なお、申込及び受領の際は学生証が必要です。また、学割の有効期限は発行日から3ヶ月となります。

学友会